2014年12月13日

第5回 医療法人かどおか歯科医院 院長 角岡秀昭氏

第5回目 医療法人 かどおか歯科医院 院長 角岡秀昭(かどおか・ひであき)氏にインタビューいたしました。

PICT0004.JPG

角岡 秀昭(かどおか・ひであき)氏 
医療法人角岡歯科医院 院長。1956年福岡市生まれ。1982年福岡県立九州歯科大学卒業後、1986年熊本県八代郡竜北町にて開業。1993年熊本市南区馬渡で移転開業。趣味はゴルフ、英会話、心理学、料理と多彩。戦国オタクの会総大将。戦国武将に学ぶ医院経営をテーマに講演多数。FM熊本で「戦国武将に学べ」(毎週金曜日 77.4HZ 10:29〜10:34)のパーソナリティーとしても活躍中。


■ライフストーリー
― なぜ、歯科医になろうと思ったのですか?

高校2年のときに医療関係の仕事に進みたいと思い、夏休みから必死に勉強しました。医師を目指していましたが叶わず、2年の浪人の後、九州歯科大学に入学しました。今、考えてみると、おっちょこちょいの私は(笑)、自分の社交性を活かすことができる歯科医が適職だったのだとわかりました。


− 社会人になってから現在までのお話を聴かせてください。

大学を卒業して、天草市の歯科医院に勤めました。その後、1986年八代で開業し、1993年に現在地(熊本市南区馬渡)に移転しました。移転しても八代の患者さんが、今でも100名くらい治療に来てくださいます。ありがたいです。


私は決めたことは絶対やるようにしています。
人を巻き込むことは大変なことだからです。

歯科の経営で一番の難所はスタッフの育成です。
私は35歳から心理学を学び始めました。理由は自分を変えて、信念を持った自分をつくりたかったからです。しかし、3歳までに学んだことは基本的には変えられないということを知り、教育は最初が肝心だと思いました。

小さなことの継続が自分の成長に繋がります。

私も院内のトイレ掃除、早朝出勤、お給料日にはスタッフに手紙を書くことを23年続けています。最初に決めたことを、2年間も続けると辞める気がしなくなるんですよ。これが習慣化することだと思います。

経営者は孤独です。

私は異業種の交流を大事にしており、趣味もたくさんあります。英会話は28年間現在でも継続しています。早朝から歯科の専門書を和訳しています。また、経理の勉強も10年間続けています。スポーツはゴルフを楽しみ、最近凝っているのは料理です。休みの日の朝食は私が作っています。歴史に興味を持ったことをきっかけに、戦国オタクの会を主宰し、仲間たちとお城巡り、甲冑を着て“出陣”し、お酒を飲んで語り合います。
このような感じで、仕事以外でも忙しい毎日を送っています。人脈がたくさんできるので、仕事もプライベートも充実しています。


■角岡歯科の人材育成について
− 角岡歯科の人材育成の方法についてお聞かせいただけますか?

最初から優れた人材を得ることは難しいことです。
人材は育てなければなりません。
たまにはガツンと叱ることも必要です。
とくにベテランのスタッフにはガツンと言います。


角岡歯科の人材育成の特徴は、採用したら1人ひとり、必ず家庭訪問を実施します。一緒に働いていただくわけですから・・・。これは20年以上続けています。

また、仕事の通知表として、1年に2回のボーナスの査定のためにも、360度評価(※)を実施し、歯科の技術だけでなく、組織への貢献度、メンバーからの信頼度も見るようにしています。

※360度評価とは
ある人物に対し、あらゆる角度(上司、同僚、部下など)から評価すること。人事考課における評価方法の1つ。

■スタッフを育てるときに心がけていることは
― スタッフを育てるときに心がけていることは何ですか?


経営者は我慢の連続です。

スタッフはみんな素晴らしいスキルを持っています。
たとえば、指示したことをよく聴かず、すぐに早とちりして理解してしまうスタッフに対しては、決して怒らず、自分の言ったことを復唱させるようにしています。3ヶ月間これを続ければ、間違えないようになります。人間は変わることができるんです。そのためには、まず感情で怒らないことです。

遅刻をしたスタッフにも「どうすると?」(笑顔で)と訊くと、自分で考えて反省します。つまり、自分がしたことには、自分で落とし前をつけさせるということです。


私は自分が悪いときは謝ります。

スタッフを叱るときもその人を嫌いで怒っている訳ではありません。
しかし、感情と事実を聞き分けられない人が多いと思います。
後で自分のために叱ってくれたことに気付くようですね(苦笑)



■角岡院長の夢は
― 院長の夢は何ですか?


私の夢は、人を育てることです。

「これから、何人のしっかりした社会人を育てられるか」ですね。
育てるのは楽しいです。
辛いこともありますが楽しい!
とくに、角岡歯科を卒業したスタッフが顔を見せに来てくれることは一番嬉しいですね。

また、私の人生の夢は日本中に顎関節症専門医の後継者を育成することです。
プライベートでは、料理の腕をさらに磨きます!(自宅にささやかな厨房を作る予定です)


■インタビューを終えて

IMG_1242.JPG

_MG_7568.JPG



角岡院長に初めてお目にかかったのは、10年以上前の熊本の税理士事務所主催の接遇セミナーでした。スタッフと一緒に一番前の席で受講なさる院長は当時珍しく、今でも印象に残っています。その後、受付の新入職員を採用なさるたびに、スタッフ教育の一部のお手伝いをしております。

角岡院長は自ら学ぶことでお手本を示し、歯科の技術の研鑽はもちろんのこと、「人としてどうあるか」、「仕事を通してどう成長するか」ということに重点を置き、人材育成に熱心に取り組んでいらっしゃいます。

長いお付き合いをさせていただくなかで、角岡院長の好奇心旺盛、かつ一つのことを徹底的に追及なさる姿勢にはいつも頭が下がります。


とくに戦国武将について、お城巡りをして徹底的に調べ、ラジオの番組を持つほど知識も深く、戦国武将の逸話や名言・格言から現代の経営者に対する提言を行う講演は、ユーモアもあり、各地で好評です。

また、東日本大震災の後、角岡院長は自ら被災地に入り、歯型などからご遺体の身元を調べるボランティアの経験をなさいました。このように普段から「人の役に立ちたい」という思いが強いので、患者さんからの信頼も厚いのだと思います。

インタビューのお願いをしたところ、本当に忙しいにもかかわらず、快くお時間をつくってくださいました。感謝しております。

私も角岡院長のように仕事はもちろんプロフェショナル、それだけでなく、自分が楽しみ、人を楽しませ、人生を味わい尽くしたいと思います。

ありがとうございました。

298340_364710083611947_289557695_n.jpg

2014年11月26日
白梅英子
posted by 白梅英子 at 07:28| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: