2014年06月28日

第2回 九州中央病院 看護部長 原田喜代子氏

第2回目は九州中央病院 看護部長 原田喜代子(はらだ・きよこ)氏に
インタビューいたしました。

20140618_121928.jpg


原田喜代子 氏(はらだ・きよこ) 
公立学校共済組合 九州中央病院(福岡市南区)の看護部長。国立別府病院付属看護学校(現 独立行政法人国立病院機構 別府医療センタ―付属大分中央看護学校)卒業後、現在看護師として勤務して40年目。2011年認定看護管理者資格取得。勤務地は国立病院、独立行政法人国立病院機構において九州管内9施設。看護師として16年9か月、看護師長として11年5か月、副看護部長として5年9か月、総看護師長、看護部長として6年勤務する。その間、単身赴任約9年間。現在は、福岡市南区の九州中央病院(330床)の看護部約350名のトップである看護部長として3年目を迎える。



■ライフストーリー
―なぜ、看護師という職業を選んだのですか?

なりたいものがなかったんです。
しかし、女性もこれからはしっかり働く時代だと思っていました。
そのときに「看護師の資格をとれば働けるよ」と母が教えてくれました。


−社会人になってから現在までのお話を聴かせてください。

高校を卒業して、別府の看護学校に入学し、
3年間学びました。

全寮制10人部屋。先輩に気を遣い、門限もあり、お部屋の前に並んで点呼をする毎日。
この集団生活の経験で、相当鍛えられました。(笑)

看護師の資格を取り、国立別府病院に2年間勤務。
23歳で結婚のため、国立療養所大牟田病院に転任。

28歳のときに、幹部候補の試験を受験。
試験に合格するが、昇任は辞退しました。


理由は子供がまだ小さかったから。
昇任するためには必ず転勤をしなければなりませんでした。
子育ての方が仕事より優先すべきことだと、その時は思ったからです。



子供が少し大きくなってから、国立久留米病院に異動し、看護師長に昇任しました。
国立病院の統廃合が行われていた時で、国立久留米病院を久留米大学病院に引き継ぎました。
その後、国立病院九州医療センターの立ち上げの時から関わり、9年間勤務しました。

途中、次のステップの研修を受けて、副看護部長への打診もありました。
異動は本来命令です。
看護管理者の多くは女性で、若い頃から転勤、昇任を繰り返し、
管理者としての力をつけていきます。

しかし、私はまたお断りし、
50歳になったときにやっと家庭も落ち着いてきたので
単身赴任も可能と考え、副看護部長への昇任辞令を受けました。

国立肥前療養所へ異動。副看護部長へ昇任。(1年9か月勤務)
国立病院機構長崎医療センターに異動。(2年)
国立病院機構宮崎東病院に異動。(2年)
国立療養所宮古南静園 総看護師長に昇任(3年)

約9年の単身赴任のあと、
2012年4月に九州中央病院へ看護部長として参りました。


■九州中央病院の人材育成について
―九州中央病院の看護部の理念は「恕」。意味は思いやり。
 己の欲せざるところ 人に施すなかれ。
 (自分がして欲しくないと思うことは、他人にとっても同じなのだから、
他人にすべきではないということ)

そのために、

@私たちは、安全確認を怠りません
A私たちは、患者さんの安全・安楽のために、知識・技術の向上に努めます
B私たちは、全ての方に笑顔で接します

ということですが、具体的に聴かせていただけますか?



九州中央病院は急性期の病院ですので、
まず人の命を助けるための実践力が大切です。
そのためには、専門的な知識と確かな技術が必要です。

しかし、看護師の業務は煩雑で、一つの仕事を終えるまでに、
ナースコール等で中断することがあります。
同時にいくつもの対応を求められるのです。
しかも、注射をしたり、いろいろな処置を行ったりすることは、危険と隣り合わせです。
このような状況のなかで、看護師は安全を第一に考えなくてはいけません。

また、看護師は患者さんの命や人生に関わる仕事です。
そのためには、人間性をきちんと身に付けていかなくてはなりません。
そのような意味において接遇が大切です。


業務が煩雑であっても、笑顔は大事。
看護師が自分のことで精いっぱいになってはいけないのです。


看護部の理念「恕」に向き合いながら、仕事をしてほしいと思います。
患者さん1人ひとりに「この病院を選んでよかった」と言っていただける病院と同時に、
看護スタッフ1人ひとりが、「この病院に勤務してよかった」と
思うことができる看護部を目指しています。

2025年問題もあり、現在看護師の離職防止、人材確保は社会全体の課題です。
当院では、看護師の離職防止とモチベーション向上のため、
ベテランの経験を活かすことを考えて、「達人ナース」の育成に力を入れています。

「達人ナース」とは、当看護部が独自に名づけたものですが、
特定の看護分野で、充分な知識と卓越した技術を持ち、
他の看護師に指導や教育ができる看護師のことで、
現在、「IV(静脈注射)ナース」と、
白梅先生にご指導いただいた「接遇コンシェルジュ」の達人が誕生しています。

「達人ナース」を育て活用することで、
ベテラン看護師の知恵が後輩へ受け継がれていく仕組みができ、
看護師全体の質やレベルを上げることに繋がると思います。


■部下を育てるときに心がけていることは
―原田部長が部下を育てるときに心がけていることは何ですか。

各スタッフの仕事のPDCAサイクルが
きちんとまわるようにするためによく質問をします。
例えば、目標は何か、具体的な対策が立てられているか、
計画や指示したことがどのように実践されているか
必ず結果を確認します。

基本的には自分で考えて、段取りをしてもらいますが、
初めて取り組む仕事に関しては、
効率よくできるように自分の資料などを提供する場合もあります。

また、指示はなるべく具体的に伝え、
「なぜ、そうしてほしいのか」その理由や根拠も伝えるようにしています。

そして、仕事の成果が出たら
自分の部署はもちろん、病院幹部、他部署の職員にも
分かるように会議等での発表の機会を与えたり、
報告書としてまとめるように指導しています。

常に視野を広く保つように、
学会参加を促したり、外部講師に来ていただいたりしています。


■若手ナースへ一言
― 一生続けられる仕事として、看護師を選ぶ女性も増えていると思います。
専門職としてまだ経験の浅いナースへ先輩として一言お願いします。


二つあります。
一つめは、しっかり勉強してください。
雑誌、研修会、学会参加など勉強する環境は整っています。
情報を得て、しっかり勉強することで仕事への興味が深まり、
将来の目標も立て易くなるのではないかと思います。
経験したことをやりっぱなしにせずに、
常に整理をして、強みにしてください。

二つめは患者さんのそばに行ってください。
ベッドサイドに行くことで患者さんとの関わりが深くなり、
より適切な看護ができます。
患者さんからの感謝の言葉が、看護師にとって
一番達成感を得ることができるのではないでしょうか。
理念「恕」をいつも意識して、実践してください。



■原田部長の夢は
―原田部長の夢は何ですか?


お陰様で、離職率も全国平均を下回るようになってきました。
現在、この病院の看護スタッフはとてもいい人材が集まっています。

しっかり育てて、患者さんにとっても
安心して治療、入院ができる病院にしたいと思います。
スタッフは、まだまだ未熟な面はありますが、
とても素直で、優しく、温かいと感じています。

また、どのように忙しくても業務命令に対しては、
嫌な顔ひとつせずきちんと従います。
地域の皆様のために救急車を断らないという病院の方針も、
このようなスタッフだからこそ、積極的に取り組んでいるものと感謝しています。

ゆえに、スタッフにとっても「働いてよかった」と思える病院にし、
看護師の仕事や職場を魅力的なものにしたいと思います。

そのために、教育体制や看護体制を整えて、
選ばれる病院を目指します。
そして、最終的には理念を引き継いでくれる後継者を
しっかり育てたいと思っています。


■インタビューを終えて

20140618_122221.jpg


九州中央病院は、来年の1月中旬に全室個室の新病棟が完成する予定です。
看護部では、患者さんに快適に過ごしていただくために、
昨年度から接遇力向上に力を入れていらっしゃいます。
私は「接遇コンシェルジュ」という、
院内において接遇力向上を推進するリーダーの育成をサポートさせていただいています。

初めて打ち合わせに伺ったときのことです。
看護部長というと、何となく怖いようなバリバリのキャリアウーマンを連想したのですが、
(申し訳ありません!)、現れたのは小柄で優しい笑顔の素敵な女性でした。

今回のインタビューで、キャリアについてのお話を初めて聴かせていただきました。

管理職試験に合格しながらも、子育てを優先なさり、
ある程度子供が大きくなってから転勤をしながらキャリアアップなさったこと。

スタートが遅くても、本当の実力をつけておけば
きっと周りの人からも認められ、相応しいポジションが与えられるのでしょう。
仕事に対する思いをお話になるときは、聴き手の私も背筋がピンとなりました。

当時はフロンティア(開拓者)だったのかもしれませんが、
現在、原田部長はきっと多くの家庭を持つ看護師さんたちのロールモデル
ではないかと思います。

また、インタビューの最後に「お花、美術、美しいものが好きです」と
優しい笑顔でおっしゃっていました。
写真(1枚目)に写っているお花は、部長のお宅に咲いているバラだそうです。

貴重なお時間を有効に使うために事前に質問事項をお伝えしたところ、
きちんと文字にしてまとめてくださっていたので、恐縮してしまいました。

今回、大事な日にインタビューにご協力いただき、ありがとうございました。
お誕生日おめでとうございます。


bara.jpg


2014.6.18. 白梅英子
posted by 白梅英子 at 14:20| Comment(0) | 日記

2014年05月31日

第1回 グロービス経営大学院 福岡校リーダー 佐野友昭氏

第1回目はグロービス経営大学院 福岡校リーダー 佐野友昭(さの・ともあき)氏に
インタビューいたしました。

(1)sano_9023.JPG


佐野友昭 氏(さの・ともあき) 
グロービス経営大学院 福岡校リーダー。教員(マーケティング・経営戦略領域)。
慶應義塾大学理工学部卒業。グロービス経営大学院(MBA)修了。
大手通信会社にて、研究開発、新サービス開発、法人営業に従事。
その後グロービスに入社し、東京校にてスクール部門のマーケティングチームのリーダー、
企業研修部門のコンサルタントを経て、福岡校の立ち上げに挙手。
グロービス経営大学院や企業研修でマーケティング・経営戦略領域の講師を務めるほか、
講師育成やケース開発も行う。


■ライフストーリー
―社会人になってから現在までのお話を聴かせてください。

ウィンドサーフィンに没頭した大学時代。
20代の頃は、自分が何をしたいのか分かりませんでした。


私の父は仕事のことを家で話す人ではありませんでした。
また、大学時代は学校と海と自宅との往復で、ほとんど都内には行かなかった(笑)。
早く経済的に自立したいとは思いましたが、社会人として絶対にこれをやってみたい、
というモノがありませんでした。最初の就職先は大手通信会社でしたが、
当時は3つのポイントで就職先を選びました 


(1)世の中に貢献していること(=やりがいを実感できそう) 
(2)成長産業であること(=新しい挑戦の機会がありそう) 
(3)社内に幅広い仕事があること(=自分に合う仕事を見つけられそう) 


もっともらしい気もしますが、これは実は典型的な先送りです(笑)。
この通信会社には10年間勤めました。
最初は研究所に4年間、その後本社で新サービスの開発や実現方法の検討に4年間、
最後の2年間は法人営業を経験しました。
常に自分がいる環境の中では、がんばりました。
また、先輩や上司にも恵まれ、いろいろなことを教えていただきました。


その一方で、「このまま見えないレールにのって一生を過ごしていくのが、
本当に自分の人生なのか?」という漠とした違和感が常にありました。
自分が本当にやりたいことが見えないまま、10年後、20年後の立場だけは、
なんとなく想像できてしまう。
心の底からワクワクできない。
でも、周囲からも頼られるようになり、仕事がどんどん忙しくなってくると、
当初の違和感がだんだんと薄れていく。そんな状況でした。


しかし、30才の時に転機が訪れました。


遽、市議選に立候補、落選。
この経験が人生の「宝」になった。



当時住んでいた街で、市長選がありました。
私は学生時代にお世話になった先輩の選挙活動をボランティアで手伝っていました。
突然、彼から選挙の2週間前に「市長選と同じ日に、市議会議員の補欠選挙がある。
これに立候補しないか」と誘われました。


唐突すぎる話でしたが、ここまで「おまえが必要だ!」と頼りにされたことは初めてでした。
正直、それがとても嬉しかった。
このような時に一歩踏み出す自分でありたいと思いました。
また、当選すれば、自分の社会人としての経験やITの知識を活かして大好きな街に様々な
貢献ができるだろうとも思いました。


ポスターを作り、政策新聞を作って駅頭で配り、選挙カーの上でマイクをもって演説。
全てが初めてのことでしたが、2週間の選挙活動を必死にやりきりました。
多くの友人がボランティアに駆けつけてくれました。
しかし、結果は僅差での落選でした。
私は元の会社に復帰しました。


無謀な失敗談のようですが、この経験が私の人生の中での一番の「宝」になっています。
私はこの経験を通じて、いろいろなことを考えるようになりました。


自分は本当に何がやりたかったのか。
自分は何ができる人なのか。
どんな生き方をしたいのか。
誰のために生きたいのか。


特に選挙後の半年は、日々活動しながらも、そんなことを毎日考えていました。


同時に、新しいことに一歩を踏み出すことに、抵抗や恐怖をあまり感じなくなりました。
結果がどうであっても、その経験から多くを学ぶことができ、新しい生き方に繋がる。
そんなことを実感できたからだと思います。


「提案力」を高める必要性に駆られて、
グロービスで学び始めました。



グロービスとの出会いは、法人営業の部署に異動となり、
プロジェクトリーダーを任された時でした。
チームで分厚い提案書を作成して、自らプレゼン、受注したらシステム導入に向けて
案件をマネジメントする。
これが当時の私のミッションでしたが、提案書の書き方もプレゼンの仕方も、
これまではきちんと学んだことがありませんでした。
何となく我流ではできるけど、自分の中に「定石」がないので、
どうすれば良くなるかをチームメンバーに伝えることができない。
そうすると、自分でたくさん仕事を抱えざるを得なくなります。
この状況を打破したいと思って通い始めたのがグロービスでした。
最初はまず3ヶ月、「クリティカル・シンキング」と「マーケティング」の2クラスを受けました。


成果はすぐに現れました。「クリティカル・シンキング」で学んだ、
相手に伝えるための「枠組み」を使って提案資料を作成し、提案コンペでプレゼンをしたところ、
2億円の仕事がとれました。
その成果を最終回のクラスで報告することができました。


このような成果もありましたが、グロービスの受講は純粋に楽しかった!
これまでに話をしたこともない業種・職種の受講生仲間と、
授業の課題を真剣に議論したり、懇親会でお互いの仕事や人生の話をしたりすることが
とても刺激的でした。
そんな経験から、自らがこの場を提供する側になりたいという気持ちが強くなり、
転職することにしました。


ゼロからやってみたかったんです。


グロービス入社後は、東京校にて、自らグロービス経営大学院の1期生として学びながら、
仕事としては、学生募集、大学院の立ち上げ、マーケティングのチームリーダー、
企業研修のコンサルタントなどを経験しました。
大学院を卒業してからは講師としての訓練を積み、
2年後にはマーケティングの講師としてクラスに登壇するようになりました。
その後、福岡校を開校することが決まり、
社内に「立ち上げ要員募集」が告知されました。


私は福岡に縁もゆかりもありませんでしたが、直感的に「やってみたい!」と思いました。
ゼロから立ち上げることをやってみたいと常々思っていましたし、
「この仕事は学生・スタッフ・講師という3つの立場を経験している自分だからこそ適任だ」
という自負もありました。
妻も「福岡ならいってみたい!」と快諾してくれたことも大きいですね。
そんな経緯で、2012年の6月から、
福岡出身の同僚とともに、福岡で開講準備に取りかかりました。


福岡校は、10ヶ月の準備期間を経て、2013年4月に開校しました。
開校当初から130名を越える単科生(科目単位で受講している方)が集まってくれた時は感無量でした。
そして、今年(2014年)の春からは、80名を超える本科生(MBA取得の意志決定をして入学された方)が入学されました。


―福岡校の1期生についてどう思いますか。
一言で言えば「熱い人たち」です。
リスクをとって新しいことに挑戦する熱量がすごいですね。
自分達がリーダーになるんだ、1期生として自分たちが校風を創っていくんだ、という
意識が高い、気持ちの良い方が集まっています。
私にとってはお客様でもありますが、一緒に学校を創っていく同志だと思っています。



■グロービスの人材育成について
―グロービスの人材育成の方針は、
経営学を教えるのではなく、「創造と変革の志士」を育成する。
そのために、@能力を高める A人的ネットワークを構築する B志を醸成する
ということですが、佐野さんはどのように思いますか?


「創造と変革の志士」について、もう少し噛み砕いて説明します。

私たちが育てたいのはビジネスリーダーです。
グロービスではそれを「創造と変革の志士」と呼んでいます。
経営には様々な局面がありますが、0から1を立ち上げる「創造」や、
戦略や組織を変える「変革」の局面をリードすることが最も難しく、
かつ社会に対してインパクトがあります。
そのような局面で、「よしやってやろう!」と一歩前に出て、
周囲を巻き込みながら覚悟をもって取り組み、事を成し遂げる力をもった人、
それが「創造と変革の志士」です。


このような人をたくさんグロービスから輩出したいと思っています。
グロービスで学んだ多くの志士達が、国内外の各分野で活躍していくことで、
社会に創造と変革をもたらす。
これが、我々が目指す姿なのです。


「志士」という言葉は、ともすると男性をイメージしやすいのですが、
男女に関係ありません。
実際グロービスの受講生は5人に1人が女性です。
これからも、女性の比率をどんどん増やしていきたいと思っています。


能力を高めるだけならば、別の大学院でもできます。
グロービスで学ぶ方は、人的ネットワークを広げ、
自らの志に向き合おうという目的意識をもって学んでほしいと思います。
これら3つは同時に意識することで相乗効果がでます。


昨日できなかったことができるようになることで、
自分に向いていること、やりたいことが新しく見つかりますし、
自分の課題や夢を語り合うことで、本当に本音で語れる仲間、助け合える仲間ができます。
それが更なる学びの意欲へ繋がっていくのです。


本音は、自分が一生懸命にやっているときに出ます。
また、周りにがんばっている人がいると出ます。
青臭い、暑苦しいイメージがあるかもしれませんが、
グロービス福岡校では、そうした話が自然にでてくる空気が既にあり、
それが校風になりつつあります。



■リーダーとして心がけていること
―佐野さんが部下を育てるときに心がけていることは何ですか。

これは難しい問いですね。
私は、リーダーシップスタイルというのは、
メンバーやその時の環境によって変える必要があると思っています。


現在、福岡校には私を含めて5名のスタッフがいます。
福岡校は、開校にあわせて入社したスタッフもいる中、
未経験のこともチーム一丸となって乗り越えなければならない環境にあります。
私も全ての業務をこなせるわけではありません。
したがって、スタッフに思い切って任せざるを得ません。
わからないことがあれば、他拠点にいるスタッフに問い合わせてもらうこともあります。
リーダーとしての私は、「こうあるべき」という価値観や方向性を共有し、
そしてスタッフの一連の問題解決をサポートする。
フレームで言うと、支配型のリーダーシップではなく、
サーバント・リーダーシップ(※)のようなスタイルが理想だと思っています。


実際、今はそうしなければ成り立ちません。
指示待ちではなく、一人一人が自律的に動いて、自分で問題を解決する。
でもその時、いくら任せるからといっても「丸投げ」ではダメですね。
この塩梅がとても難しいところです。


※サーバント・リーダーシップ(servant leadership)について
米国のロバート・グリーンリーフ博士が提唱した概念で、
「まず相手に奉仕し、その後相手を導くものである」という発想に立って、
リーダーシップを発揮することを指します。

詳しくはこちら ⇒ 【新版】グロービスMBAリーダーシップ P58




■九州の20代のビジネスパーソンへ一言
東京校と福岡校の受講生を比べると、東京校のほうが、平均年齢が2歳くらい若いそうですね。
若手ビジネスパーソンへ一言お願いします。



まずは、何をしたら良いかがわからない人や一歩ふみだすことを迷っている人へのメッセージです。
成功の反対は失敗ではない。
何もしないことです。
まずは、一歩踏み出してみてください。
そうしたポジティブな一歩が次の機会を生むことがあり、
後から振り返ってみるとそれが一本の道になっている。
たとえうまくいかなかったとしても、多くの気づきを得られるはずです。
だから、ぜひ、迷ったらやってみることをお薦めしています。


次に、すでにリーダーとしてすでに活躍していたり、
起業を決意したりしている人へのメッセージです。
ちゃんと「武器」を持って戦ったほうがいいと思います。
思いや勢いもとても大事ですが、それだけでは限界があります。
チームをまとめる、売上を伸ばす、アイデアを形にする、
そのようなときにあなたを助ける「武器」、
すなわち「ビジネスの定石」や「考える力」を手に入れてほしいと思います。

―佐野さんのミッション何ですか

背中を押すことです。
僕の役目は黒子。
主役はその人です。



私は30歳のときに背中を押されて選挙に立候補したことで、
自分の人生が大きく変わりました。
グロービスに通った時も、大きく人生が変わりました。
そのたびに、私はより幸せになりました。


そんな私の今のミッションは、「人の背中を押すこと」です。
そして、より多くの人と関わり、一歩踏み出す勇気をもっていただくための
「最高の学びの場」を提供することです。
とても幸せな仕事だと思っています。


■インタビューを終えて

私はグロービスでマーケティング・経営戦略という科目を受講しました。
そのときの講師が佐野さんです。
このブログの立ち上げを相談すると、快く引き受けて、
一つひとつの質問に、真面目に丁寧に答えてくださいました。
なかでも「福岡校を大きくして、さらに受講生の役に立ちたい」と熱く力強く語る姿が印象的でした。

インタビューの最後に
「我々はお互いの立場で、頑張っているビジネスパーソンを応援しましょう」とおっしゃいました。
「我々=We」と二人称で、人材育成に関わる同志と思ってくださっていることが
とても嬉しかったです。

普段は、知的でクールな感じの佐野さんですが、
アルコールが入ると論理的に話せなくなるので・・・とのこと(笑)。

「質問の意味や意図を深く理解して、的を射たシンプルな答えを返す」

今回、インタビューすることもされることも経験豊富な佐野さんから学んだことです。
ご協力いただき、ありがとうございました。

(2)sano_9038.JPG

2014.5.13. 白梅英子
posted by 白梅英子 at 13:32| Comment(0) | 2014年

ご挨拶

ル レーブの白梅英子(しらうめ えいこ)です。
人材育成の仕事をしています。


上司の役割は、二つあります。
成果を出し、組織の目標を達成すること。そして、部下を育てることです。


「人育てほど難しいものはない」と言われますが、
「企業は人なり」とも言われるように、
企業が発展していくためには、人材育成が不可欠です。
人の能力や知識は、ライバル企業から見えにくく、
競争優位を保つために重要であると考えられるからです。


このたび、毎月1名、私とご縁をいただいている「人育ての達人」に
インタビューをさせていただくことを企画しました。


人を育てることにちょっと悩んでいる。
これからリーダーとして活躍したい。
このような方に人育てのヒントを提供していただきました。


また、「リーダーの横顔」というサブタイトルのとおり、
正面からだけでなく、意外な一面も挽き出すことができればと思っています。



posted by 白梅英子 at 08:00| Comment(0) | 日記